WWDC関連記事
WWDCノススメ 2008
WWDCノススメ 2009

 
3.移動
 さて移動です。私は東京在住のため地方の人や関空利用の人のことはわからないのですが、一応成田からの移動を例に一般的な注意事項を説明しておきます。
・成田空港からサンフランシスコ空港まで

 旅慣れた人には当然ですが、空港には2時間前には到着するようにしましょう。混雑状況によってはチェックインやセキュリティ・税関を通るのに大行列を経験することになります。最近は航空会社によって事前にWebでチェックインをして列に並ばなくてもいいことがあります(ツアーの場合でも利用可能な場合があります)。是非活用しましょう。

 ノートパソコンを預け入れるのではなく手荷物として持ち込む場合には、セキュリティチェックでパソコンだけを他の荷物とわけてチェックしますので取り出しやすい位置に置いてください。米国内で乗り継ぐ場合、パソコンが起動するかどうか確認させる場合があります。できればスリープ状態にしておくほうがいいでしょう。あ、でもAirMacは切るにしておいてくださいね。また、iPhoneは、機内モードにしてくださいね。iPhoneの予備バッテリーを持っていく人は多いと思いますが、何らかの制限がある可能性がありますので、事前に利用する航空会社の情報を確認しておいてくださいね。

 直行便の場合、日本を夕方出発して米国に午前中に到着することが多いです。機内ではよく眠って時差ぼけをなるべく生じさせないようにしましょう。私は毎年機内で眠れず、時差ぼけを解消するのに苦労しています(苦笑)。

・サンフランシスコ市内へ

 San Joseで開催されていたときには空港から市内に移動するのが大変でした。が、サンフランシスコ空港からサンフランシスコ市内には数年前にBARTという都市鉄道が延長されて直通で行けるようになったため、非常に簡単です。私がツアーをやめて自己手配で行くようになった要因の一つです。ツアーの場合にはバスでホテルまで連れて行ってくれるので安心です。

 なおBARTはStored Fair方式のみですので必要金額分のチャージをしたカードを購入する必要があります。空港から市内中心部のPowell St.までは'09年で$5.35です。帰国時の分もまとめて$10.20分購入しておくとよいでしょう。観光案内書などで自動販売機の使い方をよく調べておいてくださいね。クレジットカードも使えるのですが、カードをいれると最初の画面では$20分のカードを購入するようになっています。金額指定もできるのですが、後ろに並ばれたりするとあわてて$20購入することになります。余らせた分は翌年以降も使えますが、ちょっと悔しいですね。私もその失敗をした一人です。一枚のカードに追加チャージもできますので、毎年追加チャージしていくといいでしょう。

 日本からの直行便はほとんどの場合、昼頃にホテルに到着してしまいます。多くのホテルではチェックイン時刻は午後3時以降で、お昼にはチェックインできません。とりあえずホテルに荷物だけ預かってもらって、昼食を食べるなどして時間をつぶしましょう。部屋の空き状況によっては午前中でもチェックインできる場合もあるので、試しに聞いてみるくらいしてもいいと思います。

 土曜日着にした場合、以前は土曜日にもレジストレーションができたので、会場に行ってうだうだできたのですが、'06からは土曜日のレジストレーションがなくなったのでそれもできませんでした。近くにApple Storeがあります。2Fのシアターでゆっくり座れます。AirMacもつかえますので、ここから日本の留守宅に到着したよメールを送るといいでしょう。

 JCBカードを持っているとニッコーホテル内の1階にある(以前は、Union Squareの近くにありました)JCB Plazaが利用できます。日本語が話せるスタッフいるようですので、何か不安なことがありましたら、訪れてみるといいかもしれませんね。

 

- Home -